ECEプログラムの特徴
ECEプログラム(Engineering Capacity Enhancement、高度技術者教育プログラム)はCPDプログラムの一部ですが、コース性による高度技術者教育を目指した継続教育プログラムであり、下の特徴を持っています。
  1. 十分な時間をかけ、プロフェッショナルとしての専門技術力を身につけることができるように設計された総合的コース制プログラムであること。
  2. CPD取得者やその雇用者のニーズに基づいて課題と到達目標を定めたプログラムであること。
  3. 専門領域分野だけでなく、多様性を受け入れ、異分野技術を取り入れる能力の向上を目指した内容を含んだプログラムであること。
  4. 世界最先端技術を取り入れたプログラムであること。
  5. 自律的な関心を高め、自ら考え行動できる能力を身につけるために、社会人基礎力の向上を取り入れたプログラムであること。
ECEプログラムの詳細については、下記の報告書を参考にしてください。

日本工学会ECEプログラムの開発と実施ガイドライン
Copyright (C) The Japan Federation of Engineering Societies, All Rights Reserved.